CNC/NCとは?

コンピュータ数値制御(コンピュータすうちせいぎょ)またはCNC (Computer(ized) Numerical(ly) Control(led)) - Wikiペディアより。

コンピュータなどのプロセッサ等を用いて制御された物をCNC,NCといいます。

このページでは、主に動き(モーション)をテキストで記述したGコードとゆうコードを解釈して実際の動き(モーション)の命令、信号として出力するタイプのモーションコントローラー、実際にモーションコントローラーから出される信号を受けてモーターの駆動電力を生成するモーターコントローラー、ドライバを取り上げています。



このCNC、NCとゆう言葉からすると、コンピュータを使用して制御されているものは全てCNC、NCで、このページで取り扱っている小型/自作系CNC工作機械とは少し違いますが、同じモーションの類を扱い何処のご家庭でもある2Dのプリンタも、データの扱い方が違うのですが、CNC機械です。

小型、自作系CNC工作機械、(最近の押し出し式3Dプリンタ、簡易な半導体レーザーを使用したレーザーカッターを含む)この大量生産されている2Dのプリンタと同じく、オープンループで制御が割と簡単なステッピングモーターを利用したものが多いです。
今、他のモーターに比べステッピングモーターが割と安価に入手できるのは、大量に生産、普及している2Dのプリンタのおかげだとも思います。


コンピュータ数値制御では、コンピュータ上のCAD(コンピュータ支援設計)ソフトウエアで書かれた図面を元に、CAM(コンピュータ支援製造)と呼ばれるソフトウエア上で実際の加工に動きに必要な工具の加工経路と速度のデータファイルGコードを生成します。

そのGコードを元に、各軸のモーションの作動範囲内の作動できるモーションへ変換し、モータードライバ、その他へ制御指令を出したり、作動時にセンサなどの入力に応じた制御指令を出したりするのが、CNCコントローラです。

最近の無償で使える3DCADの類にはCAMの機能も内蔵されているものも多く、形のデータから、加工する工具の径(太さ)工具の送り速度等々を入力し、Gコードを生成することが出来ます。















  • 最終更新:2016-06-19 23:21:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード