DRV8825

PololuReprap用に販売しているA4988 Stepper Motor Driver Carrierのハイパワー用として販売しているDRV8825 Stepper Motor Driver Carrier, High Current (md20a)に採用されている2相バイポーラステッピングモータードライバICです。

最大出力電流が2.5AとA4988に比べ大きいですが、運用時には2~2.2A程度までの運用が良いと思われます。
外付け部品も少ないですが、ICが小さいのでハンダ付けが難儀です。

フルステップ(2相励磁)から、1/32マイクロステップまで設定が可能。
モーター電源より、内部レギュレーターの使用により、ロジック側の電源は不要で、さらに、3.3Vを供給できます。

テキサス・インスツルメンツのDRV8825のデータシートにある回路図で問題なく動きます。

ICから出ているモーター出力ピンが各相2本づつしかないため、最大定格目一杯での使用する場合、基板のデザインが難しいです。

また、定格目いっぱいの駆動ではIC自体が小さく背面パッドな放熱板なので、効率よく放熱させる工夫が必要です。

しかし、定格電流が比較的大きめなので、56角のステッピングモーターでも駆動は可能です。


最大ステップ周波数は250kHz
最小ステップパルス幅は1.9μS

1/32マイクロステップが可能な為か比較的速いステップ信号を受ける事ができます。



同じように押し出し式3Dプリンタで多用されているA4988よりも、ノイズに強い印象があります。
A4988は作動中にICを触るとモーター出力にノイズが乗りますがDRV8825では乗りません。

基板へのハンダ付けと放熱方法さえ勘考すれば、結構広範囲での使用ができると思われます。








  • 最終更新:2013-06-04 22:01:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード