L297-L298

L297-L298のステッピングモーターコントローラー、デュアルHブリッジモータードライバは組みで使うことを前提で作られたとICだと思います。

L297-L298を組みで使うと2相バイポーラステッピングモータードライバとして使用できます。
励磁方式は2相励磁(フルステップ)1-2相励磁(ハーフステップ)とウエーブドライブモード

最大出力電流は2A、電流出力電流をセンスして、モーター電流を制限します。

入力信号はStep/Dir信号で、イネーブル端子付きです。

かなり前のICにも関わらず、ステッピングモータードライバとしての基本的な機能はあります。

秋月電子通商にて、L298は入手しやすくなりましたが、肝心のステッピングモーターコントローラーであるL297の方の入手性はお手軽ではないのが困ったものです。

回路図はL298のデータシートにもありますが、より詳細な解説がL297のデータシートにあります。





丁度10年前に発刊された洋書「CNC Robotics」にはL297-L298のデータシートが丸写しで載っています。

L297L298.JPG

  • 最終更新:2014-07-09 08:18:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード