SLA707xシリーズ

サンケン電気製のモーターメーカー製のドライバにも使用されている(されていた?)高性能な2相ユニポーラステッピングモータードライバICです。
ステッピングモーターコントローラーとモータードライバを内蔵しており、入力信号はStep/Directonにて差動します。

現在割りとお手軽に入手できるのは



SLA7073MPRT 秋月電子通商

です。

SLA7073、SLA7078共最大設定電流値は3A。
SLA7073とSLA7078の違いは励磁設定です。
SLA7073は2相励磁と1-2相励磁。
SLA7078は2相励磁、1-2相と、1/16までのマイクロステップ。

最大設定電流が3Aなだけで、基準電圧端子の電圧の調整でそれ以下での設定も可能です。



エレ・メカ・ホビーショップSECさんでは、2相ドライバキットとしてSLA7078を使用した2相ユニポーラステッピングモータードライバキットを販売されてます。販売されているCNCインターフェース基板と併用することにより、モーター停止時に設定電流値を下げるカレントダウン機能を利用できます。

  • 最終更新:2014-07-29 21:46:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード